プロフィール

スタッフ

吾平ってなんとなくいいよね。そんな言葉を生きがいに人生を歩み続ける男30代。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

個人的なお勧め

前回は、店内の雰囲気などを紹介させて頂いたので、今回は料理について書きたいと思います。
もちろん店長なので、全ての料理を食べた事があるわけですがその中で、人気などではなく、個人的な感想を述べたいと思います。
もしこのブログをご覧になって食べてみようと思って頂けたら、これ幸いです。
壱位は、チゲ鍋です。うどんを入れると最高です。最後おじやにしても最高です。販売名はたぶんキムチ鍋だったと思います(なんていい加減な・・)
ほんとは、ちゃんとわかってますよ、店長ですからwobbly
チゲうどんにしてとか、おじやにしてとか言って頂ければプラス200円くらいでしますよ。気分次第では100円になるかも。
弐位は、めんたいウインナ-です。ウインナ-の中にピリ辛明太子入りという逸品です。ちょっと珍しいのもあり、個人的なヒット商品です。ツーベースくらいでしょうか。
もっとあるんですけど、文章の都合上これ以上書けませんでした。
ちょっと適当な店長ブログ次回をこうご期待(たいした内容ではないが)

2009年1月24日 (土)

第1話 出会い

私と吾平が出会ったのは、あれはそう6年位前の(店長なのにはっきり覚えていないという)雪の降る寒い夜でしたmobaq無駄にオレンジ色の光を放つ和風の建物に、吸い寄せられるように足を運んだあの日のことを昨日のことのように覚えています。(はっきり覚えていないと先ほど書きましたが)
足を踏み入れるとそこは、銭湯のような下足入れ、あれ健康ランドかなと思いつつそれでも足を踏み入れたとき、そこから聞こえてきたのは、ようこそいらっしゃいませという派手な柄シャツの店員さんの声でした。(デザインはなんと、かの有名な山本寛斎さん!!字間違ってたらすいませんsad)案内された席は、半分しか扉のない和風の個室で、オーダーはなんと紙に番号を書くという斬新な仕組み。抱いた感想は、紙代いくらかかるのかな。掘りごたつ式の足元に足を入れると、なんと暖かい。床暖房、これがうわさに聞く床暖房なのかと感動を隠し切れませんでした。なんて気が利くんだ。
七不思議ジュースという不思議なジュースのようなドリンクを飲み、料理は何を食べたのかは定かではありません。(メニューが変わったので・・)ミニラーメンという激安ラーメンを食べたことは鮮明に覚えていますが。
あれから幾年かの歳月を経て、今では重鎮ぶりを発揮するまでになろうとは想像もしておりませんでした。
いつのまにか、この数年の思い出は吾平のことばかりになってしまいました。お客様との楽しい会話、従業員との涙の別れ(うれし涙です)sad、多々発生するトラブルdespair、そしてこれからも共に歩んでいくことでしょう。(解雇されない限り)人生には多くの出会いがあり、(基本は人との出会いを指すのでしょうが)私にとって吾平との出会いは、まさしく運命の出会いといえるものになりました。

とりあえず吾平 埼玉加須店 のサービス一覧

とりあえず吾平 埼玉加須店